第3次中期計画2012-2016
あ・い・ち・ふ・く・し
~新たな"ア・イ・チ"への一歩~

平成23年度末に推進期間を終了した『第2次中期計画』の成果と課題を総括し、今後5年先を見据え、「成果を踏まえる(アウトカム)」「先を見据える/新たな創造(イノベーション)」「次代へ挑戦する(チャレンジ)」という"3つのキーワード"を軸に、「県社協に何が必要か」という観点に立って、新たな計画(『第3次中期計画』)を策定しました。

基本理念

『 あ ・ い ・ ち ・ ふ ・ く ・ し 』
んしんして きいきと いきで つうに らせる ゃかい の実現

基本方針・推進項目

基本方針1 時代の変化に則した福祉ニーズへの対応
推進項目(1) 総合的な権利擁護体制の構築
推進項目(2) 生活福祉資金貸付事業の推進
基本方針2 地域福祉活動の推進
推進項目(3) 市町村社協への支援・連携強化
推進項目(4) ボランティアセンターの機能強化
推進項目(5) 民生委員・児童委員活動の推進・支援
基本方針3 社会福祉法人・施設への支援
推進項目(6) 委員会・部会活動の充実及び提言活動の強化
基本方針4 福祉人材確保・養成の推進
推進項目(7) 新たな福祉人材の育成・就労支援
基本方針5 福祉生きがい・健康づくり活動の推進
推進項目(8) 生きがいと健康づくりの推進
基本方針6 新たな福祉文化の創造[広報・啓発機能の充実]
推進項目(9) 情報発信・広報機能の強化
基本方針7 法人経営基盤の強化
推進項目(10) 主体的な法人経営及び信頼される法人組織

推進期間

平成24年度から平成28年度(5年間)

第3次中期計画2012-2016 あ・い・ち・ふ・く・し 全文

一括ダウンロード(PDF3.5MB)

項目別ダウンロード