本会についてのページ:県社協とは

本会の法人概要や事業内容などについて掲載しています。

急速な少子・高齢化が進展する中、福祉に対するニーズはますます増大かつ多様化しています。
このような中で社会福祉協議会は、地域の人々が抱えているさまざまな福祉課題を地域全体問題としてとらえ、皆で支えあい・学びあい"誰もが安心して暮らせる福祉のまちづくり"をめざしています。

社会福祉協議会は、全国の市区町村、都道府県・指定都市に設置され、地域の住民やボランティアや福祉NPO、民生委員児童委員、福祉、保健など関係機関・団体、行政機関の参加を得て活動をすすめ、社会福祉法にも規定されている公益的、自主的な組織で、地域福祉の推進を目的としています。

社会福祉協議会は、住民の福祉活動の場づくり、仲間づくりなどの支援や、社会福祉に係わるさまざまな組織・団体と連携をとりながら活動をすすめるとともに民間性を発揮した福祉サービスの企画と実施に努めています。

第4次中期計画2017-2021 あ・い・ち・ふ・く・し
~新たな"ア・イ・チ"への一歩~

第4次中期計画は、第3次中期計画を基軸としつつ、地域福祉を推進する中核的な組織として進むべき方向・あるべき姿を、「新たなア・イ・チへの道標(みちしるべ)」として示し、今後5年間で、特に重点的に取り組むべき事業を、『新たな「あ・い・ち・ふ・く・し」の推進』に位置づけ、誰もが「安心して・生き生きと・地域で・普通に・暮らせる・社会(あ・い・ち・ふ・く・し)」の実現を目指すものです。
なお、第4次中期計画は県社協の総合計画として位置づけ、平成29年度を策定期間として各委員会・部会及び各種会議等において、確認・意見集約したものです。

愛知県社会福祉協議会事業内容

各部センター