日常生活自立支援事業

認知症高齢者・知的障害者・精神障害者など判断能力が十分でない方のために福祉サービスを利用する際の援助などを行います

サービス(お手伝い)を利用できる方

愛知県内にお住まいの、認知症高齢者の方、知的障害のある方、精神障害のある方。

提供するサービス(お手伝い)

次の(1)を基本に、ご希望やご本人の状況などに応じて、(2)(3)のサービスを合わせて利用することができます。

(1)福祉サービスの利用援助
福祉サービスを利用し、または利用をやめる ために必要な手続き
福祉サービスの利用料を支払う手続き
福祉サービスについての苦情解決制度を 利用する手続き
(2)日常的金銭管理サービス
年金および福祉手当の受領に必要な手続き
医療費、税金、社会保険料、公共料金等を 支払う手続き
上記の支払いにともなう預金の払戻、預金 の解約、預金の預け入れの手続き
(3)書類等の預かりサービス 保管物件
年金証書
預貯金の通帳
権利証
契約書類
保険証書
実印、銀行印
その他、社会福祉協議会等が 適当と認めた書類

サービス(お手伝い)を利用するには

利用を希望される方は、最寄りの社会福祉協議会等にご相談ください。

担当の社会福祉協議会等の「専門員」が面接をさせていただき、利用を希望される方のご希望や状況 をうかがいながら、「支援計画」(サービス内容を定めたもの)を作成します。

この支援計画によるサービスで合意されれば、「契約書」を取り交わします。

サービス(お手伝い)の利用料

相談や、支援計画の作成などは無料です。

契約締結後の、生活支援員による援助については、有料です。

利用料の詳細については各基幹的社会福祉協議会等へ お問合せください。

名古屋市外 名古屋市内
サービスの担当 各市町村社会福祉協議会
(名古屋市社会福祉協議会を除く)
AJU自立の家
名古屋市社会福祉協議会
AJU自立の家
福祉サービスの
利用援助
1回 1,200円
生活保護受給者は無料
1回 1,000円
生活保護受給者は無料
日常的金銭
管理サービス
1回 1,200円
生活保護受給者は無料
1回 1,000円
生活保護受給者は無料
書類等の
預かりサービス
年間 3,000円(月額 250円) 月額 250円

安心してご利用いただくために設置されています。契約締結審査会

利用者の判断能力に疑義が生じた場合に、専門的な見地から判断能力の有無の判断を 行うとともに、援助内容の審査を行います。

サービス利用の流れ

運営適正化委員会

事業の信頼性を高め、安心してご利用いただけるよう、 第三者の方々で構成され、事業運営全体の監視を行います。

日常生活自立支援事業のご相談先はこちら